姿勢、所作(動作)にうるさい代表キヨシの
リポジション®コラム

痛みの発生原因

筋肉、骨格系、いわゆる運動器の痛みの発生原因は、

そのほとんどが動きから発生します。

日頃の動作、所作、姿勢で

傷めてしまうから痛みは発生しています。

 

ただし人は、

「何もやってない、ただ立ち上がっただけ・・」と言います。

ただ、立ち上がるという立派な動作、所作です。

 

「日常的な動きで急に痛くなった」と訴えます。

これも日常的なよくある動作です。

 

「ただ座ってたらじょじょに痛くなった」

ただ座っているのも、ただ立っているのも

静止動作という立派な動作です。

 

たったこれだけの動作で痛くなるはずない!

たったこれだけで痛くなるの?

つまりは、

現状これだけの動作で傷めてしまう体力、筋力、体調なのです。

 

付け加えると

冷えや、

気圧、

気候、

で痛みが発生することはありません。

 

痛みは、自然に発生するものではありません。

腰の筋肉が勝手に痛くなることもありません。

背骨も勝手に痛くなることはありません。

動作によって傷めてるから痛みは発生します。

 

自分の取る動作に責任を持ちましょう。

そうすれば、

傷めませんから痛みません。