ぎっくり腰往診施術 コロナ感染予防緊急事態宣言期間特別対応について
一時中断していましたぎっくり腰往診施術をコロナ感染予防緊急事態宣言発令により余儀なく外出が困難になってしまった方を対象に事前にオンラインビデオ通話により次の事項確認の上感染及び拡散リスクが低いと判断した場合はお伺いさせて頂きます。
1.症状が急を要するぎっくり腰症状であること。2.往診先が繁華街から外れた住宅街であること。3.お伺い先の衛生面などが整備されていること。4移動時の予防対策が担保できる地域であること。5.施術対象となる方及びご家族にコロナ感染された方及び体調不良の兆候がないこと。 などを確認した上でぎっくり腰往診可能か否かを判断させて頂きます。

ギックリ腰往診について

まず、前提として以下で説明するのは当院で一番多い、完璧にギックっとなって起こった腰背中の筋肉の捻挫挫傷(肉離れ)が疑われる典型的なギックリ腰についてです。

往診を依頼するか?しないかの判断について

ギックリ腰になって何日経過しましたか?

もし3日以上経過し症状の進捗が感じられなければ自然回復はあまり期待できませんので積極的に往診をなるべく早期に依頼されることをおすすめします。

逆に少しづつでもに日に日よくなっているのなら様子を見て外来受診でもいいでしょう。ポイントは3日です。3日以上たっているのならどちらの場合でも早く往診か外来かで施術を受けることをおすすめします。

では、上記の進捗がない場合と少し良くなる場合のこの違いは何でしょう。ハッキリ言ってギックリ腰のタイプ程度の問題です。タイプとは傷めた部分(筋肉筋膜)の違いです。ギックリ腰になりダメージが大きい筋肉とダメージが少ない筋肉があります。この違いが回復の違いなのです。程度とは損傷を受けた範囲です。

往診で動けるようになるのか?のご不安について

往診治療により直ぐに立てるか立てないかは、ギックリ腰のタイプと程度によります。

動けない重度のぎっくり腰で一番多いタイプは腰方形筋エリアと脊柱起立筋エリアの両方を広範に傷めているタイプです。このタイプは施術後直ぐ立ち上がることは難しいかもしれませんが施術を受けることで日に日に回復していきます。平均で3~4日後に来院可能になっています。

 

Body-Repoタガミの往診施術の流れ

Body-Repoタガミのギックリ腰往診施術の流れについてご紹介いたします。

ぎっくり腰は、感染予防担保のためLINE、Messenger、Skaypeがご利用可能な方に限定しております。

 

画像見出し

LINEご登録の上、ビデオによる予診、問診を
ご予約お申込み下さい。

Skypeの場合
メールフォーム

お問い合わせメールフォームよお申込み下さい。折り返しskype招待コードをお送り致します。

ビデオ通話で予診、問診を致します(無料)

ビデオ通話にて以下の基本情報をお伺いさせて頂きます。

①お名前、②ご住所、③最寄り駅、④近隣の目立つ建物など ⑤連絡の取れる電話番号 

ビデオ通話にて以下の感染症予防リスクなどについてお伺いさせて頂きます。

①発症日 ②発症原因 ③現在の症状、程度 

④体温検査 ⑤発語検査 ⑥室内などの衛生状態の確認 

⑦ご家族同居の場合はご家族の体温検査及び発語検査

*これらを確認させて頂いた上、ご家族が多い場合、室内の衛生保全がなされていない場合はお伺いできませんのでご了承下さい。

約束のお時間にお伺いします。

到着しましたらチャイムで
お呼び致します。

出発前にご連絡をしてから往診に向かいます。途中わからない場合は、携帯電話からご連絡差し上げる場合がございます。

問診を行います。

ギックリ腰往診時:先ずは問診から始めます。

まずは問診をしっかりして発生状況などの確認をさせて頂きます。

3.往療も外来と同じく先ずはご本人様にご記入頂く受付用紙を私が質問しながら代理記入させて頂きます。

4.次いで問察を発生状況など具体的な症状についての問察を行い発生状況(日時、発生動作など)を具体的にお伺い致します。問察に次いで触察を行います。原因部分の特定を行います。

触診を行います。

ギックリ腰往診時:うつ伏せにゆっくりとなって触診をさせて頂きます

 

施術に入ります。

女性の方も安心して受療して頂けます。

無理のない体位で施術を行います。

ズレた筋肉を探しリポジション(整復します)

 

 

*コルセット、骨盤ベルトがあればお出しになってお待ち下さい。薬局でも3000~5000円程度で販売しています。晒でも結構です。

尚、骨盤ベルト(3400円税抜)、腰サポーター(4000税抜)ご入り用の際には、ご予約の際に体重、ウエストをおっしゃっていただければ適応サイズをお持ち致します。*当院では無理に販売をしたりすることはありません。お電話でご用命がなければ持参しませんのでご了承下さい。

起立の手順説明します

座り方の指導をします。

起立の仕方を指導します。

.その後、お身体の状態に応じ立ち方や動き方の手順を説明致します。

 

日常生活で気を付けることの説明など

立ち方座り方、など日常生活での留意点をご説明致します。

 

ギックリ腰往診のお伺いできる方

「お子様がいる」「忙しいくて通院する時間がない」などの理由での往診は致しておりませんのでご了承下さい。

ギックリ腰往診についてお電話でのゆっくりとしたお問い合わせ、ご相談はメールかLINEをご利用下さい。水曜日定期休院日をご利用下さい。 03-3326-1017 

ギックリ腰往診でお伺いできるエリア

往診お伺い地域は、公共交通機関を除いた車で移動可能な基本住宅街となります。*繁華街及び繁華街最寄り駅地域の方は対象外とさせて頂きます。

ギックリ腰往診料金

Body-Repoタガミの往診ご利用料金

初回時>初検料3,000円(税抜)+施術料5,000円+移動拘束費 移動距離時間による円(税抜) 

2回目時>施術料+移動拘束費=となります。

03-3326-1017 (お休みの日も転送体制になっていることがほとんどです。)