お気軽にご予約下さい!

03-3326-1017
電話ご予約
朝8:30から開通します。
Body-Repo® タガミ

ぎっくり腰原因、症状、対処法 について

からだRepositiion®タガミ オリジナル画像

このページには、ぎっくり腰とは、→ぎっくり腰の原因→ぎっくり腰の症状→ぎっくり腰対処法→ぎっくり腰治療院の選び方→当院のぎっくり腰治療理論と方法が書かれています。

ぎっくり腰の方にストレスがかからないように少し大きめのフォントになっています。

ぎっくり腰とは
「どんなものをぎっくり腰と言うのか?」

ぎっくり腰は急性腰痛の一種に分類されます。急性腰痛の中でもレントゲンなど検査上異常が検出されず筋肉筋膜などの捻挫や挫傷(肉離れ)が原因と考えられギックっと言う擬音を伴い発生したものを俗称ぎっくり腰と呼んでいます。ぎっくり腰は俗称であり診断名ではありません。

よってギックリ腰を一言でわかりやすく言うなら腰の筋肉の肉離れと言う言い方が一般の方にはピンと来るようです

ぎっくり腰で整形外科が診断名を付ける場合、急性腰痛症、急性筋筋膜性腰痛症、腰椎捻挫、腰部捻挫、背部挫傷、椎間関節捻挫、仙腸関節捻挫、などの名称が付けられます。これは腰のどこが痛いのか、痛みを発している部分で異なる診断名がつけられます。 

一般の方は、急に激痛を発し動けなくなった腰痛、ギックとなった腰痛、重いものを持ってなった腰痛などギックリ腰の捉え方にかなりバラつきがあります。え

これらをまとめると「ギックッ(ピキッなど)と言うような擬音を発し,何らかの動作中に急に起こる捻挫や肉離れなどの症状を呈する腰痛」と言えるでしょう。

ぎっくり腰の発生原因
「どんなことでぎっくり腰は起こるのか?」

ぎっくり腰を発生させる原因となる動作で多いのは「前に屈む」「前に傾く:前傾」「前屈みから上体を起こす」「腰を捻り過ぎる」「身体の横曲げ(いわゆる体側)」「丸まった座り姿勢から急に立ち上がる」など捻る屈むが関係する動作や姿勢で起こります。また「腕を前に伸ばす動作(テーブルの上のものを取ろうとする、電話を取ろうとする、など)でも発生が見られます。これは腰の外側を走る胸腰筋筋膜広背筋の外側縁が脇の下まで達しており腕を伸ばした際に引き伸ばされることで起こると推測されます。

「特に重いものを持っていない・・」と言う軽微な動きや外力によるぎっくり腰もあります。この様な場合の発生はそもそも腰の状態が良くない方から多く聞かれます。半年以内にギックリ腰を起こしていたり、度々ギックリ腰を起こしていたり、治療をせず放置していたり「シップや飲薬で済ませた」と言う方に多く見られます。

これらから、ギックリ腰には必ず発生原因があります。よくよくお話しを聞くと5KGしか持てない人が10KGを持ったり、手の届かないところに手を伸ばし過ぎたり、身体から物が離れていたり、ゴルフで打った時に捻り過ぎたり、物を持つときに踏ん張りが効いてなかったり、などなど、ギックリ腰の発生原因をお伺いするとご本人は「それくらいで・・」と思っている方が多い反面、生体力学的(身体メカニック的)に考えれば「これではギックリ腰を起こす」と納得できる内容ばかりです。ギックリ腰は発生原因なく無暗やたらになるものではありませんので心配は入りません。

ぎっくり腰の痛みの原因 ~当院の考察~
なぜあんなにぎっくり腰は痛いのか?

ぎっくり腰で来院された方から一番多い質問は、ぎっくり腰の痛みの原因は?です。まず確実に一つ言えることは骨の痛みではないことです。骨は骨折やひびが入っていなければ痛むことはありません。 

ぎっくり腰の痛みの原因として一番有力なのは筋肉筋膜腱性の痛み表在神経性(筋皮神経性)の痛みです。

筋肉筋膜は骨盤や背骨に強力強靭に付着しています。よってこれらに入った刺激が筋肉筋膜内で処理できず付着する部分まで到達するため骨の痛みと錯覚してしまうのではないかと考えます。いわゆる”骨への響き”です。

さらに筋膜筋肉には豊富に神経が分布しています。これは骨格や内臓など重要臓器を守る奥深くに損傷がたどり着かないようにするための防御作用ではないかと思います。筋膜や皮膚など表在部にはより豊富に神経が分布し絶縁体と神経伝達の両方役割をしていると考えます。特に腰の胸腰筋膜と言う部分は強靭でかつ大きくその形状などから身体機能の中枢感覚機能をもっているのではないかと考えます。

傷めることの多いの腰の筋肉は、肋骨と骨盤の間に位置し、肋骨を下から支え、骨盤を上から引き上げます。梁つまり”つっかえ棒”のような役割をしています。筋肉筋膜結合組織を傷めることでこの機能を失い、肋骨に重みが掛かって耐えられず、骨盤を上から引き上げることができず逆に骨盤以下の重量が重みとなるような上下から過大な負担が加わってしまうと思われます。

さらにつっこむと筋肉損傷は実際にはそんなに起きておらず、筋膜や結合組織損傷の方が強いと考えます。これも筋肉繊維を傷めると出血などが起こることがありますが腰は内臓に近い部分のため出血が起こると都合が悪いので強靭なドレープ状をした筋膜が筋肉の盾となり損傷を担ってているのではないかと考えます。私の経験ではどんなにひどいギックリ腰の方でも内出血を見たことがないからです。ももうらの肉離れでは内出血はよく観ますがギックリ腰に限ってはひどくて動けない方でも内出血は一度も見たことがありません。 さらに、治療を施すと早ければ1日、遅くとも3日4日で痛み自体は取れます。もちろん痛みが引いたことで治ったわけではありませんので要注意が必要です。

これら私のぎっくり腰経験及び治療経験をまとめると、ぎっくり腰の痛みの原因は典型的な捻挫挫傷の症状を呈すぎっくり腰の場合であれば、筋肉筋膜結合組織性の損傷によりそれに分布する表在神経性が筋筋膜結合組織骨格など関与する運動器に対し負担を掛けないように指示するための痛みであると考えます。よって痛みを感じているのは脳にせよ、原因は患部にあるということです。

ぎっくり腰の自覚症状
ぎっくり腰の時に自分で感じる症状

ギックリ腰の自覚症状とは自分が感じる症状です。これは自分以外はわかりません。以下にギックリ腰になった時(初期)の自覚症状を挙げますが、これはギックリ腰のタイプや程度によっても感じる強弱は違います。

☑痛み(ズキズキ感)、違和感

☑寝返りする時の痛み

☑起立時の痛みや真っ直ぐ腰が伸びない感

☑真っ直ぐに立てず前傾したり、横にくの字に傾いたり、丸まったり

☑立っている状態を維持するのが辛く、座ったり、寝たりしたくなる、

☑座る時に腰が痛みが響く

☑姿勢よく座っているのが痛い、辛い、腰を丸めるか、手で支えるかしたくなる

☑歩く時に痛みが出るため様子を見ながらそろそろとゆっくり歩く、かばい歩き、痛い部分に手を当てる

☑片側ぎっくり腰の場合の多くは、痛い側が下になると痛くなることが多い

☑靴下や下着を履くのが辛い

☑脚を挙げることが辛い(痛い)

☑洗顔や便座を開けるなど前傾や前屈みが辛い(痛い)

などが挙げられます。

*またぎっくり腰の患部以外の背中や頚、脛、ふくらはぎなどに張りがでます。これは患部を補うため他の部位に負担が掛かってしまうからです。

POINT:上記の中で、私が施術の中でぎっくり腰か否かを判別するぎっくり腰特有の症状の一つが「寝返り」です。ヘルニアや狭窄症の人は寝返りが痛い、困難な人は50%くらいです。しかし本格的なぎっくり腰の人はほぼ100%寝返りが困難な様子が伺えたり自覚的に訴えます。

ぎっくり腰の他覚症状
ぎっくり腰の時に他人がわかる症状

ギックリ腰の他覚症状とは、第3者が見てわかる客観的症状です。ご自身の場合鏡やスマホの自撮りで観ると確認できる症状もあります。但し衣服を着用していると第三者からはわかりにくい症状もあります。

以下の症状は、ギックリ腰のタイプによって出る症状はことなります。

☑腰が伸ばせなくなり、丸く屈んだ状態になる。

☑腰が横にくの字に曲りウエストラインが左右で非対称になる。

☑上体が前傾し、体を起こせない

☑骨盤が後傾し、おもらし歩きみたいになる。

☑歩行がヨチヨチしている

☑下腹がポッコリ出てる。

☑お尻と背中の境界がなくなって平らなお尻になっている

☑前屈みになると痛いので身体を垂直に維持している。

POINT:私はこれらの他覚症状からぎっくり腰のタイプや程度を推量しています。なぜならぎっくり腰には,運動テスト(動きを調べる検査法)が用いることができないからです。よって非常に有益な情報であり治療の目星をつけるのには大いに役立ちます。

ぎっくり腰の治療上の症状
施術者が触診や観察でわかる症状

☑患部に圧痛が出ます。>*圧痛の探し方はコツがあります。ぎっくり腰を治せない先生は圧痛点を探し出せないので治療ポイントがつかめないのです。

☑こりこり感 >*触るとこりこりしたしこりの様な触感を得ます。多分筋膜の蛇腹が開いた症状ではないかと推測しています。

☑じくじく感 >*触るとやや腫れたような、傷んだ果物のようなジクジクした触感があり弾力性や粘弾性が低下していることが伺えます。

☑筋緊張感 >おおくの場合は患部ではなく、患部外のふくらはぎや脛、肩甲骨間、首筋などに感じ取れます。患部から走行がつながる筋筋膜や、患部で支えきれない重さを補う部分に筋緊張が出ます。 

☑腰、骨盤の歪み >骨格を支えている筋筋膜の支える力が落ちるため骨格が耐え切れず変な方向に歪みます。 

ぎっくり腰のタイプと程度

とかくぎっくり腰というと一括りされてしまいがちですが、当然ですがタイプや程度があります。タイプについて当院では下記図のようにぎっくり腰を起こした体勢の変化によって概ね4タイプに分類しています。人によっては常に同じタイプを繰り返す人もいれば、違うタイプのぎっくり腰を起こす方もいます。過去のぎっくり腰がしっかりリポジション(元に戻る)されておらずぎっくり腰のタイプの名残があるとぎっくり腰のタイプが混合する場合もあり治療期間や回復期間が遅延することもあります。

程度については損傷した筋筋膜の範囲に比例します。程度が強いと損傷部位から広範に影響が出ます。程度が軽いと損傷範囲は狭くてすみます。狭くて安心しているとだんだんと範囲が広がる場合もありますから注意が必要です。

ぎっくり腰発生体勢変化による
ぎっくり腰のタイプ分類
(整骨タガミ)

発生後の体勢から分類した
ぎっくり腰のタイプ 
(整骨タガミ

 

整骨タガミオリジナル画像

 整骨タガミ  ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰は急性腰痛と言って慢性腰痛とは別ものです。慢性腰痛とはそもそも違うものなので治療法や対処法も全く逆です。そのあたりをよく認識し、間違いのない正しい対処をしましょう。

このぎっくり腰対処法は、私自身は、何度もぎっくり腰をした時に試してみたことがある事で実験済です。ぎっくり腰のたびに期待して入浴したり、もみほぐしを受けたりしたものです。しかし結果は・・・。一つ言えることはその場は楽になったような感じはしますが、後です。あとで徐々に来てぎっくり腰がひどくなるのです。 なので皆さんには私のような無駄な実験をする必要はありません。

別談になりますが、この私の浅墓な対処法がうまくいかないことが、私をぎっくり腰治療に駆り立てるきっかけになったことは確かです。

ぎっくり腰と慢性腰痛の違いをよく認識した上で正しい対処をしましょう。
ぎっくり腰 腰痛おけるぎっくり腰とはぎっくり腰の分類 ぎっくり腰は急性腰痛の一種です

1  ぎっくり腰対処法 基本4ない

入浴しない

あたためて血行がよくなると楽になるのは慢性腰痛の場合です。ぎっくり腰や急性腰痛はまったく逆。入浴後一時的に楽になることもありますが、時間経過すると徐々に増悪するのが一般的です。一番注意したいのが、入浴で温めて少しほぐれた感じがして→ストレッチする、です。取返しのつかない油に火を注ぐ結果になりますので絶対に止めましょう。

ストレッチしない

筋肉筋膜結合組織は破断しています。傷めたこれらの箇所を伸ばしたり引っ張ったりすればひどくなるのは目に見えています。ストレッチは万能薬的な考えが非常に浸透していますが、この考えアブナイです。適応と非適応があることを身をもって私は知っています。実は私はぎっくり腰治療最初の実験段階で入浴して温まってストレッチでもすればよくなると考えて行ったところ取返しのつかない程ひどくしました。悪いことはいいません、入浴+ストレッチセットは絶対に避けましょう。

揉まない

傷めた部分をほぐせばどうなるでしょう。実験時代に何回かマッサージやバキバキカイロを試しましたが涙涙でした。マッサージ後ベッドから起き上がれなくなったこともありました。マッサージが悪いのでなく「マッサージでよくなるのではないか?」と考え期待した私が悪いのです。はっきりいってマッサージでよくなる可能性は10%以下ではないでしょうか。よくなる可能性はかなり偶発的であると思います。万一ふくらはぎや背中がはって揉んでほしい時は腰周辺は避け、体位に気を付け腰に響かないように超ソフトにやさしくほぐしてもらうことです。

痛みを試さない

どこが痛いのか?痛みを試したくなる気持ちはありますがこれでひどくなった経験もあります。また腕利きの先生に治療をしてもらった時にひどく動かされかえって痛くなったにも関わらず「さっきよりいいでしょう」と聞かれ「悪い返事をするとまた変な施術をされると思い、とっさの判断で「さっきより全然いいです」と大嘘を付いた経験もあります。私は施術でぎっくり腰の方を動かして検査することは絶対にありませんからご安心下さい。

 

2 ぎっくり腰対処法 自分でできる2つの基本
「安静」「安定」

度重なるぎっくり腰対処法実験の結果、間違いなく悪化させないもしくは少しよくなった感じがあるのは、寝ることと固定すること、「安静」と「安定」の二つでした。まずは身体に嘘をつかず自分の症状とじっくり向き合う時間だと思ってまずは「安静」「安定」を守り休んで下さい。この2つに限っては悪くても悪化する可能性は限りなく低いと断言します。 もし悪化した場合は、寝方や寝る寝具、ソファやいすの高さ、姿勢や体勢が悪い場合です。これらを見直して安静安定を図って下さい。

しっかり寝て安静

片側制のぎっくり腰の場合は痛い側を上にして横向きで寝る。仰向けは膝を立てて下さい。自分でとちらが悪い側かわからない場合はどの向きか楽か試して楽な体勢をとって下さい。

*尚、回復したら上向きで真っ直ぐ寝ましょう。

腰周辺の固定による安定

腰のサポーター、骨盤ベルト、さらし、帯と止めなどで腰を安定させて下さい。強く締めすぎると痛くなることがありますので、適度に安定感を得る程度にしてください。寝返りが痛いうちは寝る時もして下さい。

*体の歪みが強いタイプのぎっくり腰は固定すると逆に痛くなる時はありますのでその際は外すか緩めるかして下さい。

よくある質問

アイシングはした方がいいの?

よく温めると冷やすのはどちらがいいのかはっきりしません。ただアイシング派の意見の方が多い気がすます。アシングはした方がいいのでしょうか?
アイシングはした方がいいのか?回答

どちらでもその方任せで。

アイシングは痛みを紛らわすためにはやってもよいと思います。しかし近年は回復を遅くするという見解もあるため、絶対ではなくその方任せでいいと考えます。
また、痛みが紛れることもありますので治ったのと勘違いしないようにしてください。

ぎっくり腰自己体験コラム:整形外科的には2週間立てな自然によくなると言われていますがそれはごく限られた軽いぎっくり腰のみ話です。また近年「動かしてよくする的」な話も出ていますが私のぎっくり腰経験からするとぎっくり腰になったら動かせるような状態ではありません。動かせ説のデータもおかしな話で〇か月後に動かした群と動かさない群を比較していますが3か月も半年も後・・・遅いですよ。ぎっくり腰じゃなくて立派な慢性腰痛の話になってしまってます。  ぎっくり腰はもたもたせず早く治さないと・・・です。

「結 論」
ぎっくり腰は自分で治すのは遠回り!
できる限りプロの力を借りて早く治しましょう。

ぎっくり腰はケガ。ケガは自分で洗濯機を治すよりよっぽど難しものです。
色々試してよくならないという方は
色々試してよくなったという方よりも多いのではないでしょうか?
またぎっくり腰は治療が遅れれば遅れるほど治りが悪くなります。
ぎっくり腰などのケガを治す基本原則は「早期治療開始、短期間集中」です。
ぎっくり腰は自分で治さずプロに早く治してもらった方がいい理由

ぎっくり腰は早く治そう!!

ぎっくり腰治療が得意な治療院を探しましょう。

ぎっくり腰を早く治す治療院を探すポイント

診断は整形外科。治療は治療院へ

多くの場合、整形外科でのぎっくり腰の治療は、飲み薬、貼り薬の処方、腰のサポーターの処方、これらの処方で自分で様子を見て2週間後にまた来院してください。というのが一般的な対応です。レントゲンに異常がないぎっくり腰は放っておけばなんとかなるというのが整形外科的な考え方です。

国家資格を有した治療院へ

ここでいう治療院とは、整骨院、接骨院、鍼灸院、指圧マッサージ院です。これらは国家資格を持った施術者しか開設できません。ただし近年、名称に整骨院とかマッサージ院とかつけず横文字カタカナの名称の治療院や整体院を名乗っているケースもあります。ホームページで確認しましょう。

「出来る限り早く来て下さい!」と言う治療院へ

電話をして「早く来て下さい!」という治療院は比較的ぎっくり腰治療に積極的で慣れている可能性があります。

逆に「歩けるようになったら来て下さい」「楽になったら来て下さい」「整形外科に行って下さい」と言う治療院はぎっくり腰治療が得意ではない治療院です。

治療技術に関するならば、強くもんだり、バキバキひねったり、電気だけだったりの治療院は控えた方が無難です。施術法に理論や根拠があり納得できる治療院を選びましょう。

ぎっくり腰あるある話>「ギックリ腰が1っ発でよくなる!」を歌い文句にしている治療院もありますがギックリ腰は1回で楽になるものの1回で治るものではありません。1回で痛みがましになっただけの話か2回目に来ないので勝手に治ったと勘違いしている施術家の思い込みです。翌日悪化して別の治療院の駆け込んでいる方も少なくありません。 

直接痛い部分に治療を出来る治療院へ

ぎっくり腰は、痛い部分の筋肉筋膜結合組織を整えて修復しなければ治りません。イメージでいうと患部の傷口を塞ぐような処置が必要なのです。逆の言い方をすると原因ではないふくらはぎや手のツボを押しても痛みを紛らわせているだけの施術で本当の意味での治りは期待できません。しかしその前提としてぎっくり腰の患部を見つけ出せる技量が必要になります。多くのぎっくり腰を治せない先生は患部を探しだしきれず治療が的外れになってしまうことです。電話で「先生はぎっくり腰の幹部を探し出せますか?」と尋ねて即決させる先生がいいでしょう。

よい治療院を探すまとめ:電話で聞くポイント

①国家資格を有しているか?

②「出来る限り早く来て下さい」とぎっくり腰治療に積極的であるか?

③バキバキひねったり,ストレッチをしたり,マッサージもみほぐしなどの急性に不向きの治療か否か?

④ぎっくり腰の直接痛い部分の患部を探し出せ、その部分に適切に処置(施術)できるか?